「会社名+評判」検索の対策(評判SEO)

「評判検索」が業績を左右

企業にとって、ネット上で最も重要になる検索キーワードは「評判」です。消費者も取引先も就活中の学生も、企業について調べるときは、必ず「会社名+評判」で検索をかけます。WEB広報では、会社名+評判で検索したときに、ネガティブな内容が表示されないようにする「評判SEO対策」サービスを提供しています。

会社名と「評判」を組み合わせて検索

ネット時代においては、消費者が買い物をする際には必ず会社名や商品名とともに、「評判」というキーワードを組みあわせて検索します。このため、「会社名+評判」で検索したときに、悪評のサイトが上位表示されると、会社にとってはたいへん大きなダメージになります。また、学生も就職活動にあたって、社名+評判の検索を行うことが多いです。この傾向は、年々顕著になってきています。

逆SEO

ネット上で悪口が書かれ、「会社名 評判」という検索キーワードでその悪口が上位に表示されてしまったら、逆SEO(エスイーオー)という対策を行う必要があります。検索結果は2、3ページくらいまでしか見ない人が多いため、逆SEOで悪口サイトを下位のページに押し下げることができれば、ネガティブな評判があまり人目に触れなくなります。

レピュテーション・マネジメント

WEB広報では、ネット上の評判を総合的に改善する「評判対策(レピュテーション・マネジメント)サービス」を提供しています。 その主力となるのが評判SEOです。 評判SEOでは、逆SEOによってネガティブサイトの悪い評判の検索順位を下げる一方で、より正確な情報が伝わるように公式サイトを抜本的に増強していきます。

モニタリング

ネットでは、一部の厳しい批判の声が目につきやすくなる傾向があります。ただ、それが実態を反映しているとは限りません。 お客様の声がバランスよく伝わるような取り組みが必要になります。 そのためには、中立的な第三者によるモニタリングやアンケートによって、商品やサービスに対する意見を集めることも大切です。

株式会社WEB広報へ問い合わせ